佐藤組エレクションロゴ

平成20年度入社
作業所職長 津田康平
当社では、足場組立、鉄骨建方、タワークレーン組立、PC建方・取付、橋梁架設、コンクリート打設・圧送、 基礎根切工事、土木工事、解体工事を主な業務として、安全と品質に一切の妥協の無い『職人』の仕事を、 元請様と共に施工しております。 建設業の若者離れが進む昨今、今一度、基幹産業としての重要性が社会に認識され、職人としての誇りと『カッコよさ』 『やり甲斐』そして、夢や希望をこれから社会に出て行く若者に与えられるような会社で在りたいと、従業員一同、 日々精進致しております。建物が一つ建つという事は、どれだけの人間が、どれだけの苦労を重ね、数々の苦難、困難を 乗り越え、多くのドラマがそこに在るという事を多くの人に知って貰えれば幸いです。ご安全に!!  

平成25年度入社
作業主任 阿部亮太朗
私が鳶職になりたいと思ったきっかけは、幼い頃、学校の行き帰りの途中、鳶さんが足場を掛けているのを見て、とても格好良いなと 思ったからです。あんなに大きな建物に人の手で足場を組めるのかと、疑問に思い考えた結果、協力が大切なのだと気付きました。 足場は一人では組立てる事はできません。仲間との協力が何よりも大切です。 鳶職は現場で働く人達全員の安全を守る大切な仕事だと思います。誰もが安全に作業出来る足場を組立てれば、足場を使ってくれる方々に感謝され、 人に感謝されれば仕事にもやり甲斐が生まれます。昔から鳶職は、『きつい』『怖い』『暴力』だと世間から思われますが、私はそうは思いません。 私は鳶職になって現在6年目になりましたが、ある一つの言葉が今でも胸に響いています。 その言葉は『昇る高さも高ければ、プライドも高く持て』と言う言葉です。将来、この言葉の様に、鳶職が宇宙へ羽ばたいて行き 活躍する日が来る事を私は願っています。本日もご安全に!!  

平成26年度入社
作業主任 河野建太 
私は㈱佐藤組エレクションに入社する以前、現場監督としてゼネコンで働いていました。現場監督をしている時、多くの職人さんを見て 私も現場に出て働きたいと強く思い、『職人』としての道を歩もうと思いました。職人と言っても色んな職人がいる中で、特に私の目に 付いた職種は鳶職でした。建物を造る上で無くては成らない存在であり、現場の要です。足場の組立・解体、鉄骨の建方等を行う姿は、 まさに現場の華だと思いました。そして今、鳶職になった私は、どのような状況でも、安全第一を念頭に作業しています。 今後も、安全かつ円滑に作業できる様、知識・技能の向上に励んでいきたいです。   

平成26年度入社
作業主任 佐々木廉
自分は佐藤組エレクションに入社し、5年になります。前職では自動車整備士をしており、建設業と言う仕事は想像の付かない職場でした。 前職を辞め、友達に誘われ当社に入社しました。初めは外作業、力仕事という事もあり、体が応えましたが慣れました。 足場組立、鉄骨建方、土工事と様々な仕事があります。頭を使い、体力を使い、技術を磨き、様々な事を身に付ける事ができます。 自分は、まだ覚える事が沢山有りますが、先輩方の言う事をきちんと覚え、精進していけるように頑張りたいと思います。  

平成27年度入社
池田遼
平成27年4月1日に当社に入社し、現在、早くも5年が経とうとしています。日々、先輩方の指導の元、安全を第一に考えて作業しています。 資材の運搬に始まり、今では同僚と一緒に現場で働く上で、鳶職も他職の方もそうですが、KY活動の大切さを痛感しています。 毎月発行される社報『きよひと』でも、災害防止の報告書が有り、常に危険と隣り合わせの仕事だからこそ、1つ1つの作業に対する省略行為 や不安全行動、それによって引き起こされるケガや、ヒューマンエラーをゼロにすることを目標に、これからも頑張って行きたいと思います。 自分にとっての安全とは、初心の心を保ち、決められた事を確実に守る事です。それを心掛け、先輩方の続けてきた無事故・無災害を 更新していきたいと思います。  

平成27年度入社
作業主任 高橋咲輔
『たとえ火の中水の中、義理と人情とやせ我慢』と言う言葉が私は好きです。鳶職というのは、暑い夏も寒い冬も、安全を第一に考え厳しい環境の中 で作業をする、正にこの言葉通りの職業だと思います。そんな鳶職という仕事を私は誇りに思います。足場を安全に利用出来る様に、命を懸けて作業 するということにとても魅力を感じます。もちろん安全第一で作業を行いますが、足場、鉄骨上での高所作業は危険が生じます。ですが、人の為に命を懸けて 仕事に取り組む鳶職が私の生きがいです。当社では、長年に渡って無事故・無災害が続いています。なので、私も先輩方を見習い、安全かつ円滑な作業が 出来る様、日々努力していきたいと思います。  

平成27年度入社
鶴岡春也
当社に入社して、現在5年目になります。私が鳶職に就きたいと思ったきっかけは、幼い頃、鳶職が足場を掛ける姿に強い憧れを持ったからです。 その時、憧れと同時に足場を組むには何が大事なのかと言う疑問も生まれました。作業をする中で解らない事も多く、先輩方に鍛われていく中で、 幼いころの疑問であった、足場を組むには何が大事なのかと言う事も解りました。足場を組立・解体、また鉄骨の建方もコンクリートを打設する時も 同じですが、皆で協力し合って初めて仕事が進むのだと思います。鳶職は世間のイメージと違って、チームプレーが何より大事な職業です。 なので私も、作業中の思いやり、声の掛け合いを信条に日々頑張って行きたいと思います。  

平成28年度入社
後藤大輝
平成28年4月に入社し、約3年が経ちました。私が鳶職を目指そうと思ったきっかけは、幼い頃鳶職人達が足場を組む姿を見て、こんな大きい建物 を人間の手で創り上げる素晴らしさ、華やかさを見て感動し、いつからか私自身もこのような素晴らしい職業に就きたいと思うようになりました。 鳶職とは、いろいろな職人たちの協力で建物を創り上げて行く上でその人達の安全を守る無くてはならない存在です。そのような責任、やり甲斐のある職業に 就けて私は光栄です。まだ、分からない事だらけで先輩方から言われたことしか出来ない状況です。しかし、一日一日努力を忘れず、技能、知識を先輩方から 盗み自分のモノにして日々進歩して行きたいです。また、作業をする上で安全第一を常に頭に入れ、安全かつ円滑な作業を身に着けて行きたいです。  

平成28年度入社
水口勉
㈱佐藤組エレクションに入社して約3年になりました。 私が鳶職人を目指そうと決めた理由は、知り合いの叔父さんや先輩方を見て格好良いと思ったからです。私もそんな格好良い鳶職人になれるように、しっかり 先輩方の話を聞き、体を使い、技術を磨いて行きたいです。そして安全にも気を配り、「仕事を楽しく、皆で仲良く、智恵を出し汗を出し、本日もご安全に!!」 で頑張って行きたいです。

平成30年度入社
森洸希
私は平成30年4月1日に入社しました。私がこの職に就こうと思ったきっかけは友人がしている仕事を見て憧れたからです。 実際に仕事をしてみて強く感じたのは力仕事で外仕事なので大変だということです。まだまだ覚えることも沢山あります。なので 先輩方の指示やアドバイスなどをしっかりと聞き先輩方のような一人前の鳶になりたいと思います。また、当社の無事故無災害を守り 私も事故を起こさない様に頑張っていきたいと思います。ご安全に!
トップページ御挨拶会社概要実績若手の声フォトギャラリー採用情報お問い合わせメールフォーム
Copyright (C) 2015 copyrights.satogumi-election All Rights Reserved.